監督ブログ

悔しさの向こう側

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 選手達の『今』と向き合い、考え、久しぶりの投稿です⚾

 

現在、チームは連盟の大会や招待試合へまだ出場することができないので、『交流試合』が選手達にとって『成果発表の場』です。  そして、迎えた第13戦・第14戦⚾

ホームグラウンドへ、伝統を誇るチームさんをお迎えし、二試合させて頂きました。

 

私がグラウンドに到着すると、着々と試合に向けての準備を進めていただいていました。  選手も、保護者さんも、指導者も、試合を重ねるごとに相手チームさんから学び、受け入れ、活かせていることは、大きな成果だと思います。 これからもしっかり継続していきましょう!!

そして、たくさんのチームさんから愛されるグラウンドを目指して行きましょう!!

 

少し私自身のお話を…。

私は、26歳まで現役でプレーしていました。 指導者としてのキッカケを作って頂いたのは22歳の時でした。

あれから20年以上の歳月を経て現在に至ります。  今では当時の『私の教え子』のお子さんをグラウンドで見かけることが本当に増えました。  その度に『野球』というスポーツが親子で繋がっていってることを実感すると共に、

この繋がりを大切に、『もっと増やしていかなければという思いに駆り立てられます⚾

改めて

『野球』って素晴らしいスポーツです!!

  

 話は戻りまして…。

いつものようにチーム審判さんにお越しいただき、いざプレーボール

 

初回から相手チームさんの猛攻を受け、

  • アウトが取れない💦
  • 流れが変えられない💦

以前も経験した、まさに『負の連鎖』。  でも、この負の連鎖は、自分達で切り開いていかなければなりません!!

親の為にバットを振ってるんじゃない。
    監督の為にボールを追いかけているんじゃない。

『私たちは、チームの為に戦ってるんだ!!

この言葉をチーム全員が理解し、実践すれば間違いなくこのチームは強くなります。

 

【チームの為に私ができること】

  • 誰よりも声を出して盛り上げる⤴
  • どんな打球も怖がらず、勇気を出して捕りに行く
  • 当てるだけのスイングではなく、フルスイングする
  • 捕る相手が捕りやすいボールを投げる     etc…

 

全てに共通することは、そこには直ぐ側に必ず『チームメイト』が居るんです。

一人じゃないんです。

失敗しても、励まし助けてくれる仲間が居るんです。

 

試合に負けて何度も悔しい想いをしてきた選手達。  その度に、

 

『悔しさを忘れず練習していこう

 

と声を掛けてきました。が、どこまで成長できたかな?

すぐに成果として表れないかもしれないけど、決して諦めず、『チーム』の為に挑戦していこう

 

その努力の成果は、必ず

【悔しさの向こう側】

にあると信じて、突き進んでいきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*